大阪の飲食店向け情報サイト

「ヤドカリブログ」から「大阪の飲食店向け情報サイト」にリニューアルしました。主な発信内容は、大阪府と大阪市の飲食店向けお役立ち情報です。情報は大阪府・大阪市の公式ホームページや知事・市長の会見を元に整理しています。その他、スマホユーザーに向けた情報など一般向けにも役立ちそうな情報をシェアしたいと思っています。宜しくお願いします。

【大阪府・飲食店】第8期協力金の早期給付(先行受付)について(要請期間:2021.9.1~9.30)_2021.9.14時点の情報




大阪府 協力金 第8期 早期給付 先行受付 吉村知事 ゴールドステッカーゴールドステッカー

第8期協力金について、大阪府のHPに掲載されている情報が、2021年9月24日に更新されています。

更新された内容は、2021年9月24日版として【大阪府・飲食店】第8期協力金の一般受付について(要請期間:2021.9.1~9.30)_2021.9.24時点の情報 - 大阪の飲食店向け情報サイトで紹介しています。一般受付について、詳細を紹介していますので、そちらをご覧ください。

 

大阪府では、2021年8月2日から緊急事態宣言が出されていて、9月30日まで実施されます。9月1日~9月30日の期間は、第8期協力金の期間となります。

第8期協力金については以前、9月9日時点の情報を紹介しましたが(【大阪府・飲食店】第8期協力金について(2021.9.1~9.30)_2021.9.9時点の情報 - ヤドカリブログ)、大阪府HPの内容が更新されましたので、更新内容を含め、改めてまとめました。

この記事では、第8期 飲食店等に対する営業時間短縮等協力金(要請期間:2021年9月1日~9月30日)の、主に早期給付制度について、2021年9月14日時点の情報を紹介します。

なお、この記事は2021年9月14日に確認した大阪府のHP(更新日:2021.9.14)の情報を元に作成しています。

 

対象期間

2021年9月1日~9月30日(30日間)

早期給付の申請について(先行受付)

第8期協力金には、早期給付制度があります。

通常の申請期間に申請する「一般受付」よりも早く申請することで、協力金の支給時期が早くなります。

早期給付の申請を行った場合、一般受付期間にもう一度申請する必要はありません。

早期給付の対象になるけど、先行受付期間に申請しない場合は、通常の一般受付期間(2021年9月24日~11月4日)に申請して下さい。

 

 

早期給付の対象となる人

次の全ての要件を満たす飲食店等が対象となります。

大阪府内に、要請対象の施設があること。

■2021年9月1日~9月30日の期間、要請に協力していること。

■申請する店舗は、食品衛生法における飲食店営業または喫茶店営業に必要な許可をもっていること。(許可証の有効期間をご確認下さい。許可の有効期間は、要請対象期間の全てを含んでいる必要があります。)

■継続して要請内容に協力していて、過去の「営業時間短縮協力金」を受給したことがあること。

大阪市内の店舗について】

第3期協力金を受給していて、かつ、第7期協力金を受給または申請していること。

第3期の要請期間:2021年3月1日~4月4日

第7期の要請期間:2021年6月21日~8月31日

大阪市外の店舗について】

第2期協力金を受給していて、かつ、第7期協力金を受給または申請していること。

第2期の要請期間:2021年2月8日~2月28日

第7期の要請期間:2021年6月21日~8月31日

■「売上高方式」で申請する事業者であること。(大企業は対象外となります。)

■感染拡大予防ガイドラインを遵守していて、申請店舗は感染防止ステッカー(青色)または、感染防止認証ゴールドステッカーを登録して掲示していること。

■今までに、要請に応じなかった事実がないこと。

【こんな場合は一般申請になります】

■以前の申請から代表者を変更している場合。

■要請期間中に、途中で閉店した場合。

■要請期間中に、途中で死亡により廃業した場合。

■要請期間中に、途中で開店した場合。

先行受付の期間

2021年9月14日~9月23日

申請方法

■「大阪府行政オンラインシステム」でのオンライン申請のみです。

■店舗ごとに申請する必要があります。

支給額

■「売上高方式」で計算します。

■2019年9月または2020年9月の1日あたりの売上高に応じて、120~300万円が支給されます。

■売上高には消費税と地方消費税は含めません。

ステップ1.1日あたりの売上高を計算する

2019年9月または2020年9月の売上高÷30日

 

ステップ2.1日あたりの支給額を計算する

■ステップ1の結果が、10万円以下の場合

1日あたりの支給額は4万円です。

■ステップ1の結果が、10万円を超える場合

[ステップ1の結果]×0.4を計算する。

(1日あたりの支給上限は10万円となります)

(計算結果について、千円未満は切上げします)

 

ステップ3.第8期協力金の支給額(30日分)を計算する

[ステップ2の結果]×30日間=支給額

 

例えば、、

■1日あたりの売上高が10万円以下の場合

1日4万円支給×30日分=合計120万円

■1日あたりの売上高が15万円の場合

15万円×0.4×30日分=180万円

■1日あたりの売上高が25万円の場合

25万円×0.4×30日分=300万円

■1日あたりの売上高が30万円の場合

1日あたりの支給額を計算すると、30万円×0.4=12万円となりますが、上限は10万円なので、

10万円×30日分=300万円となります。

2020年9月1日以降に開店した店舗や、月単位の売上高を把握するのが難しい場合、災害の影響などがある場合は、特例の算出方法がありますので、大阪府のホームページでご確認下さい。

支給時期

2021年9月30日~支給される予定です。

 

通常の申請について(一般受付)

早期支給の対象店舗でも、先行受付の期間に申請しない場合や、早期支給の対象とならない店舗については、「一般受付」の期間に申請することになります。

一般受付の期間

2021年9月24日~11月4日

支給額

中小企業等は、120~300万円

大企業等は、最大600万円

最後に

この記事は、2021年9月14日時点の情報です。最新情報は大阪府のホームページなどでご確認をお願いします。