大阪の飲食店向け情報サイト

大阪府・大阪市の飲食店向け情報を発信しています。情報は大阪府・大阪市の公式HPや知事・市長の会見を元に整理しています。

20220208002823
20220208002836
20220208002803
20220208002717
20220208002659
20220208002619
20220208002529
20220208002429

【大阪府・飲食店】第8期協力金について(2021.9.1~9.30)_2021.9.9時点の情報




大阪府 大阪市 飲食店 協力金 第8期

第8期協力金について、大阪府のHPに掲載されている情報が、2021年9月24日に更新されています。

更新された内容は、2021年9月24日版として【大阪府・飲食店】第8期協力金の一般受付について(要請期間:2021.9.1~9.30)_2021.9.24時点の情報 - 大阪の飲食店向け情報サイトで紹介していますので、そちらをご覧ください。

 

第8期協力金について、大阪府のHPに掲載されている情報が、2021年9月14日に更新されています。

更新された内容は、2021年9月14日版として【大阪府・飲食店】第8期協力金の早期給付(先行受付)について(要請期間:2021.9.1~9.30)_2021.9.14時点の情報 - ヤドカリブログで紹介していますので、そちらをご覧ください。

 

2021年8月2日から、大阪府には緊急事態宣言が出されています。実施期間は9月12日までの予定でしたが、9月30日まで延長されることになりました。

この記事では、2021年9月1日~9月30日の期間、要請に協力した飲食店に対して支給される「第8期 飲食店等に対する営業時間短縮等協力金」について紹介します。

第8期協力金は早期支給(先行受付)の制度もありますので、合わせて紹介します。

なお、この記事は2021年9月9日に確認した大阪府のホームホームページ(更新日:2021.9.9)の情報を元に作成しています。

 

対象期間

下記の期間、大阪府の要請に協力した場合に支給対象となります。

■2021年9月1日~9月30日(30日間)

早期給付の申請について(先行受付)

第8期協力金には、早期支給制度があります。

通常の申請期間に申請する「一般受付」よりも早く申請することで、協力金の支給時期が早くなります。

 
 
支給要件

継続して要請内容に協力していて、過去の「営業時間短縮協力金」を受給したことがあること等が支給要件となります。

(2021年9月9日に実施された吉村知事の会見によると、先行受付の対象になるのは「売上高方式」を選択する中小企業等となるそうです。「売上高減少額方式」を選択する店舗については、一般受付になるそうです。)

大阪市内の店舗に対する先行支給要件

第3期協力金を受給している。かつ、第7期協力金を受給または申請していること。

第3期の要請期間:2021年3月1日~4月4日

第7期の要請期間:2021年6月21日~8月31日

大阪市外の店舗に対する先行支給要件

第2期協力金を受給している。かつ、第7期協力金を受給または申請していること。

第2期の要請期間:2021年2月8日~2月28日

第7期の要請期間:2021年6月21日~8月31日

先行受付の期間

2021年9月14日~9月23日

申請方法

オンライン申請のみ

支給額

120~300万円

一般受付で申請した場合と同じ金額が支給されます。

計算方法は協力金の計算方法を参照して下さい。

支給時期

2021年9月30日~支給される予定です。

 

通常の申請について(一般受付)

先行受付の期間に申請しない店舗や、先行受付の対象とならない店舗については、「一般受付」の期間に申請することになります。

一般受付の期間

2021年9月24日~11月4日

支給額

協力金の計算方法で算出した金額が支給額となります。

中小企業等は、120~300万円

大企業等は、最大600万円

 

協力金の計算方法

先行受付期間に申請しても、一般受付期間に申請しても、支給額の計算方法は同じです。

2019年度または2020年度の1日当たりの売上高から、支給額を計算します。

支給額の計算方法は、中小企業と大企業で異なります。 

■中小企業等は、売上高方式」又は「売上高減少額方式」のどちらかの計算方法を選ぶことができます。 

■大企業は、売上高減少額方式」で計算します。

支給額の計算方法①

「売上高方式」

中小企業等が対象となる計算方法です。2019年度又は2020年度の売上高により、算出方法が3つに分かれます。

 

1日の売上が10万円以下
2019年度または2020年度の1日の売上高が10万円以下の場合

 ⇒1日4万円支給(30日間で合計120万円支給)

 

1日の売上が10万円超~25万円以下

 

2019年度または2020年度の1日の売上高が10万円超~25万円以下の場合

 ⇒1日4~10万円支給(30日間で合計120~300万円支給)

メモ①(支給例)

2019年度または2020年度の、1日の売上高が15万円の場合

1日当たりの支給額=15万円×0.4=6万円

30日間の合計支給額=6万円×30日=180万円

 

1日の売上が25万円超

2019年度または2020年度の1日の売上高が25万円を超える場合

1日10万円支給(30日間で合計300万円支給)

支給額の計算方法②

「売上高減少額方式」

大企業が使用する計算方法です。中小企業も、この方法を用いることが出来ます。

(1日当たりの売上高の減少額)× 0.4=1日当たりの支給額(上限は1日20万円)(30日間で最大600万円支給)

要請内容

協力金を受給するために守る要請内容については【大阪府・飲食店】2021.9.13~9.30緊急事態宣言延長に伴う飲食店への要請内容_2021.9.9時点の情報 - ヤドカリブログで紹介しています。

最後に

この記事は、2021年9月9日時点の情報です。最新情報は大阪府のホームページなどでご確認をお願いします。

 

プライバシーポリシー・お問い合わせ