大阪の飲食店向け情報サイト

大阪府・大阪市の飲食店向け情報を発信しています。情報は大阪府・大阪市の公式HPや知事・市長の会見を元に整理しています。

20220208002823
20220208002836
20220208002803
20220208002717
20220208002659
20220208002619
20220208002529
20220208002429

【大阪府・飲食店経営者向け情報】ゴールドステッカーの有効期限は1年_更新手続きの流れをまとめました。




 

 

 

ゴールドステッカー店舗の人

「ゴールドステッカーって有効期限はあるのかな?」

「更新するには何をすれば良いのかな?」

 

このような疑問にお答えします。

  • このページで分かること

・ゴールドステッカーの有効期限

・更新方法

・更新後のステッカーのデザイン

 

ゴールドステッカーの有効期限は?

ゴールドステッカーの有効期限は1年です。

 

大阪府のホームページに掲載されているゴールドステッカーの実施要項にはこのように書かれています。

(有効期間)

第7条 認証の有効期間は、認証を受けた日から1年間とする。

 

ゴールドステッカーは、2021年6月16日から運用が開始されました。

なので、そろそろ更新をされるお店も増えてくるかと思います。

 

更新方法

ゴールドステッカーの更新について、大阪府のホームページ(感染防止認証ゴールドステッカーFAQ_令和4年5月6日時点)にはこう書かれています。

 

質問:更新を希望する場合はどうしたらいいのですか。

回答:有効期限が切れる前に、認証基準の遵守状況について、店舗へ予告なく調査に伺い(必要に応じてその場で是正)をします。(是正等もその場で完了し)特に問題が無い場合、その場で更新に関する事項への同意やご署名を頂ければ印刷済みの新たなステッカーをお渡しします。

 

また、 調査の時期についてはこう書かれています。

 

質問:更新手続きのための調査はいつ来るのですか。

回答:大体有効期限の2か月前あたりを予定しております。認証時期によって前後する場合もあります。詳しくはゴールドステッカー等コールセンター(06-7178-1371)へお問い合わせください。

 

文章だとこんなふうに書かれていますが、実際はどのようにして更新手続きが行われるのでしょうか?

ここからは、実際に更新されたお店の事例を紹介します。

オンラインでの手続きなどは特になかったそうです。

 

更新されたお店の事例

ゴールドステッカー認証店になってから約9か月後に、調査員2名が店舗に来られました。事前連絡はなく、突然の訪問だったそうです。

調査当日の流れを1~3で紹介します。

 

1.感染対策の実施状況を確認

調査員の方が持参したチェックシートをもとに感染対策の実施状況を確認されます。

CO2センサーの値

店舗で定めたチェックリストの項目を毎日確認し、それを掲示しているか

などを確認されます。

ゴールドステッカー申請時の現地調査と同様の内容です。

なので、申請時と同じ感染対策を続けていれば問題ありません。

申請時の現地調査について思い出したい方はゴールドステッカーの現地調査でチェックされることをご覧ください。

今回、更新のための現地確認で使用されたチェックシートはこちらです↓

 

 

2.チェックシートの控えと掲示物をもらう

店舗の確認が完了した後、チェックシートの控えが渡されます。

また、感染症対策の注意喚起が書かれた書類も一緒に渡されます。既に掲示しているものが汚れた時など、必要に応じてお使い下さいとのことです。

 

 

 

3.新たなゴールドステッカーが渡される

現地調査の結果、更新が認められた場合は、新しいゴールドステッカー(紙)をその場で受け取り、完了となります。

新しいゴールドステッカーには店舗名・ステッカー番号・有効期限が印刷されています。

店舗に掲示している古いゴールドステッカーと貼り替えます。

 

ゴールドステッカー 更新 大阪 梅田 難波 居酒屋 

更新後のゴールドステッカー

 

今回紹介した店舗では有効期限の約3カ月前に調査が実施されましたが、そのぶん有効期限が前倒しになることはありませんでした。

①初回の認証:2021年8月

 有効期限 :2022年8月

②更新のための調査:2022年5月

 有効期限 :2023年8月

※調査の時期が早くても、そのぶん有効期限が前倒しになることはなかった。

 

更新の調査を受けられなかったら?

事前予告なしで調査に来られるそうですが、タイミングが合わずに調査を受けれなかった場合はどうなるのでしょうか?

 

大阪府のホームページ(感染防止認証ゴールドステッカーFAQ_令和4年5月6日時点)にはこのように書かれています。

 

質問:タイミングが合わず、更新の調査を受けられなかった場合はどうしたらいいのでしょうか。

回答:タイミングが合わず調査ができなかった場合、改めて申請時にご登録いただいた情報をもとに電話等でご連絡のうえ、ご希望の日時をお聞きしたうえで再度調査に伺います。

 

事前予告なしで来られた調査の日にタイミングが合わなかった場合は、日程調整をしたうえで、改めて訪問してもらえるそうです

 

ちなみに、フードコート内の店舗の場合は、施設管理者に事前連絡をしたうえで希望の調査日時で訪問されるそうです。

 

更新手続きのまとめ

ゴールドステッカーの更新方法についてまとめです。
  • まとめ
■更新の申し込みは不要です。
■有効期限の2か月前あたりに、調査員が調査に来てくれます。(事前予告なし
  • 更新調査当日の流れ
1.有効期限の2か月前あたりに調査員が店舗に来られます。(事前予告なし
2.調査員が感染対策状況をチェック
3.合格なら、新しいゴールドステッカーがその場で渡されます。

 

最後に

この記事の内容は、2022年5月15日に確認した情報です。最新情報は大阪府のホームページ等でご確認下さい。

 

参考

大阪府感染防止認証ゴールドステッカー認証制度実施要項(大阪府https://www.pref.osaka.lg.jp/attach/41130/00000000/youkou%20040401.pdf

・感染防止認証ゴールドステッカー FAQ(大阪府

https://www.pref.osaka.lg.jp/attach/41130/00000000/hpGSFAQ0506.pdf

 
プライバシーポリシー・お問い合わせ