大阪の飲食店向け情報サイト

大阪府・大阪市の飲食店向け情報を発信しています。情報は大阪府・大阪市の公式HPや知事・市長の会見を元に整理しています。

20220208002823
20220208002836
20220208002803
20220208002717
20220208002659
20220208002619
20220208002529
20220208002429

【大阪府・飲食店】飲食店のワクチン検査パッケージとは?_2022年1月9日時点の情報




ワクチン・検査パッケージ 大阪府 飲食店

このページでは、大阪府の飲食店向けに、「ワクチン・検査パッケージ制度」がどのような制度なのかを解説していきます。

どんな制度?

今後、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置により人数制限が要請された場合でも、「ワクチン・検査パッケージ」制度に登録している場合は、人数制限が緩和されるという制度です。

緊急事態宣言やまん延防止等重点措置などによって、行動制限が要請された場合に役立つものです。

この制度を利用するには、事前に大阪府に登録する必要があります。

例えば、「同一グループ・同一テーブルでの食事が4人以下」という制限が要請されたとしても、この「ワクチン検査・パッケージ」制度の登録店であれば、5人以上の利用が可能となります。

なお、全ての飲食店に登録を義務付けられている制度ではありません。

また、感染状況や医療体制のひっ迫度によっては、政府や大阪府の判断でこの制度が適用できないこともあります。

登録できる店舗

登録できるのは、ゴールドステッカーの認証店舗となります。

ゴールドステッカーの認証店舗でない場合、まずは認証店舗となる必要があります。

なお、ゴールドステッカー認証店へは既にメール等で連絡されており、登録受付は2021年12月17日から開始されています。

ゴールドステッカーについてはこちらの記事でも紹介しています↓

■申請方法

yadokari202.hatenablog.com

 

■店舗の現地調査でチェックされること

yadokari202.hatenablog.com

登録するメリット

■人数制限の緩和

同一グループの同一テーブルでの5人以上の会食が、自粛するよう要請されている場合でも、人数制限が求められません。

■カラオケ設備の提供

緊急事態宣言中においても、収容率50%までであればカラオケ設備の提供が可能となります。

登録店舗が実施すること

登録店舗が実施しなければならない事を紹介します。

緊急事態宣言・まん延防止等重点措置・感染拡大がみられる場合において、「ワクチン・検査パッケージ」制度を適用する際には下記の確認を行うことになります。

5人以上で入店された利用者に対して、ワクチン接種歴または検査結果の陰性のどちらかを確認します。

また、身分証明書等により、本人確認を行います。

登録店舗であっても、同一グループの人が同一テーブル4人以下で会食する場合には、ワクチン接種歴や陰性結果の確認は不要です。

ワクチン接種歴の確認

ワクチン接種歴を確認する場合は、下記の3つを確認します。

①身分証明書で本人確認をします。

→運転免許証やマイナンバーカード、健康保険証や学生証等で確認します。

②予防接種済証等で、2回接種を完了していることを確認します。

③2回目の接種日から14日以上経過していることを確認します。

→予防接種済証等(接種証明書・接種記録書等を含む)は原本でなくてもOKです。スマートフォンで撮影した画像や、写し等での確認も可能です。

陰性結果の確認

ワクチンを接種できない方や、接種していない方については下記の3つを確認します。

①身分証明書で本人確認をします。

→運転免許証やマイナンバーカード、健康保険証や学生証等で確認します。

②検査機関などが発行する結果通知書により、検査結果が陰性であることを確認します。

PCR検査等(Lamp法等の核酸増幅法、抗原定量検査を含む)が推奨されていますが、抗原定性検査の陰性結果でもOKです。

③検査結果が有効期限内であることを確認します。

PCR検査等は、検体採取日の3日後まで検査結果が有効です

→抗原定性検査は、検体採取日(=検査日)の翌日まで検査結果が有効です

確認対象となる人

ワクチン・検査パッケージ登録店舗になったからといって、入店者全員を確認するわけではありません。

同一グループの同一テーブルでの5人以上の会食を行わせる場合に、当該5人以上の利用者全員のワクチン接種歴または陰性結果を確認します。

つまり、4人以下で会食される利用者に対しては、確認の必要はありません。

登録方法

ワクチン・検査パッケージの対象店舗になるには、事前に登録しておく必要があります。

登録の流れ

①登録申請を大阪府に提出

申請は、「大阪府行政オンラインシステム」から行います。

■登録準備の案内ページ

大阪府/ワクチン・検査パッケージの登録申請

■申請ページ

大阪府行政オンラインシステム

・ゴールドステッカーの申請手続きを郵送でされた場合は、「ワクチン・検査パッケージ」の登録申請も郵送で行います。

・ゴールドステッカーの申請手続きをインターネットでされた場合は、「ワクチン・検査パッケージ」の登録申請もインターネットで行います。

大阪府による確認

店舗名や、ゴールドステッカー番号等を確認。

完了後、事業者に登録完了メールが送られます。

③ステッカーを印刷し、店舗に掲示

ゴールドステッカーとは別のステッカーが交付されます。

ワクチン・検査パッケージの適用店舗として登録できるのは、ゴールドステッカーを既に取得している店舗という前提があるため、既存のゴールドステッカーやブルステッカー(感染防止宣言ステッカー)を並べて掲示する必要はありません。

Q&A

質問1.  子供も検査が必要ですか?

現在ワクチンが接種できない12歳未満の児童についての取り扱いは、下記の通りとなります。

 

■未就学児

同居する親等の監護者が同伴する場合には検査不要です。

 

■6歳以上~12歳未満の児童

陰性結果の確認が必要です。

 

質問2.  ワクチン接種済証は原本じゃないとダメ?

予防接種済証等を撮影した画像やコピーでもOKです。

 

参考資料

大阪府HP_飲食店等におけるワクチン・検査パッケージ制度の登録について_更新日:令和4年1月6日

https://www.pref.osaka.lg.jp/shobobosai/vtp/vtp_insyoku.html

大阪府HP_第62回大阪府新型コロナウイルス対策本部会議資料_更新日:令和3年12月22日

(https://www.pref.osaka.lg.jp/attach/38215/00413702/ikkatsu.pdf)

大阪府HP_ワクチン検査パッケージ制度FAQ【全般・飲食店編】_令和3年12月22日時点

(https://www.pref.osaka.lg.jp/attach/42458/00413233/vtpFAQ%201222.pdf

大阪府HP_ワクチン・検査パッケージ制度について_更新日:令和3年12月17日

https://www.pref.osaka.lg.jp/shobobosai/vtp/index.html

大阪府HP_ワクチン・検査パッケージ制度要綱に関するQ&A Ver.1.1_令和3年12月14日版 (https://www.pref.osaka.lg.jp/attach/42458/00000000/vtpseidoqa.pdf

最後に

この記事の内容は、2022年1月9日に確認した情報です。最新情報は大阪府のホームページ等でご確認下さい。

 

 

プライバシーポリシー・お問い合わせ