大阪の飲食店向け情報サイト

大阪府・大阪市の飲食店向け情報を発信しています。情報は大阪府・大阪市の公式HPや知事・市長の会見を元に整理しています。

20220208002823
20220208002836
20220208002803
20220208002717
20220208002659
20220208002619
20220208002529
20220208002429

【大阪府・飲食店】緊急事態宣言解除後の飲食店への要請について_2021.9.28時点の情報




緊急事態宣言解除 大阪府 大阪市 ゴールドステッカー 飲食店 営業時間 酒 提供 協力金

大阪府では、2021年9月28月に「第59回大阪府新型コロナウイルス対策本部会議」が実施されました。

発表された資料と発言の中から、飲食店に関係する情報を紹介します。

この記事では下記の項目について紹介しています。

●飲食店への要請内容

●10月以降の見回り隊について

●時短要請に応じない店舗への法的対応

●ゴールドステッカーの申請状況

飲食店への要請内容

2021年9月30日で緊急事態宣言が解除される予定ですが、解除された後も飲食店への要請内容は全て解除されるわけではありません。段階的に解除されるそうです。

要請期間

2021年10月1日~10月31日

(ただし、今後の感染状況に応じて要請内容を判断)

要請区域

大阪府内全域が対象です。

対象施設

飲食店等への要請内容について、対象となる施設は次の通りです。

■飲食店

・飲食店(居酒屋を含む)、喫茶店等(宅配やテイクアウトサービスを除く)

■遊興施設

・キャバレー、ナイトクラブ、インターネットカフェマンガ喫茶カラオケボックス等で、食品衛生法の飲食店営業許可をもっている店舗

インターネットカフェマンガ喫茶など、夜間の長期滞在を目的にした利用が相当程度見込まれる施設については、営業時間短縮要請の対象外です。ただし、入場整理の実施や酒類の提供制限、カラオケ設備の利用自粛は要請されます。

カラオケボックスについては、カラオケ設備の利用自粛の対象外です。ただし、利用者の密を避ける、換気の確保などの感染対策をてっていすること。

■結婚式場

食品衛生法の飲食店営業許可を受けている施設

要請内容

ゴールドステッカーを取得している店舗と、取得していない店舗で要請内容が異なります。また、申請中の店舗については、取得していない店舗として分類されます

【ゴールドステッカーを取得した店舗】

■営業時間

21時まで

酒類の提供

・11時~20時30分

・「酒類の提供」とは、利用者による店内持ち込みも含みます。

入場制限

・同一グループ、同一テーブル原則4人以内

・同居家族の場合は4人以内でなくて大丈夫です。

■カラオケ設備

利用自粛

【ゴールドステッカーを取得していない店舗】

■営業時間

20時まで

酒類の提供

利用者による店内持ち込みも含めて、酒類の提供は自粛

入場制限

・同一グループ・同一テーブル原則4人以内

・同居家族の場合は4人以内でなくて大丈夫です。

■カラオケ設備

利用自粛

協力金

期間中、要請に協力した店舗については、売上に応じて、1日あたり25,000円~75,000円の協力金が支給されます。

Q.要請期間の途中でゴールドステッカーを取得した場合の協力金はどうなるか?

取得前後でそれぞれの要請内容に従っている場合は、取得期間の前後について、協力金の対象になります。

例えば、ゴールドステッカー取得前には20時までの営業として酒類の提供を自粛し、ゴールドステッカー取得後に20時30分までの酒類提供を開始し、営業時間については21時までとした場合は、ゴールドステッカー取得前後の両方の期間において要請に従っているため、1カ月分の協力金支給対象となるそうです。

つまりは、知事の要請に合致した場合に協力金が支給される。という考え方です。

10月以降の見回り隊活動

9月30日で緊急事態宣言が解除された後も、見回り隊による見回り活動は実施されます。

「飲食店」見回り隊

■活動内容

酒類提供の自粛や営業時間短縮要請の周知徹底

・ゴールドステッカーの申請を推奨

■実施期間

・2021年10月1日~10月31日

・17:00~20:00

■対象

・約2万店舗

・テイクアウト店やゴールドステッカー申請店等を除く

■体制

・最大50班(100人)

・民間委託

夜の見回り隊

■活動内容

・営業時間短縮要請にかかる現地確認

・未協力店舗に対して、文書等による働きかけを実施

■実施期間

・2021年10月1日~10月31日

・21:00~22:30

■対象

・約10万店舗(飲食店営業許可件数)

■体制

・最大30人体制

・民間委託

時短営業の要請に応じない店舗への法的対応

営業時間短縮の要請に応じない店舗については、特措法に基づいて、過料に至る手続きが実施されています。

手続きの流れとしては、「営業時間短縮命令の事前通知」や「弁明の機会の付与」、「営業時間短縮命令の通知」など、その他にも何段階か経てから「地方裁判所へ通知(過料)」となります。

これまでの緊急事態宣言について、各期間ごとの対応件数は下記の通りです。(2021年9月28日時点の情報)

■2021年4月25日~5月31日分:

「裁判所への通知済み」が11店舗

そのうち「過料決定」が6店舗

■2021年6月1日~6月20日分:

「裁判所への通知済み」が19店舗

「裁判所への通知に向けて協議中」が2店舗

■2021年8月2日~9月30日分:

101店舗に対して「営業時間短縮命令の事前通知」を実施。

80店舗に対して「営業時間短縮命令の通知」を実施。

17店舗に対して「地方裁判所へ通知(過料)」を実施。

ゴールドステッカーの申請状況

2021年9月28日の9時30分現在、ゴールドステッカーの申請件数は42,650件となっています。その内訳は下記の通りです。

①審査前:1,158件

②書類審査中(修正依頼中):3,156件

③書類審査中(修正後確認中):2,661件

④現地確認の申込を依頼中または予約済み:2,670件

⑤現地確認終了(一部改善等):887件

⑥認証(交付・発表):32,118件 

ゴールドステッカーを取得するためには、書類審査への合格と、現地確認の審査に合格する必要があります。

ゴールドステッカーを取得するために必要なことを別記事で紹介しています。

これから取得される方はご参考にまでにご覧ください。。

■申請準備について

【大阪府・飲食店】ゴールドステッカーの申請方法解説_オンライン申請編_2021.6.26 - 大阪の飲食店向け情報サイト

■現地確認の予約方法について

【大阪府・飲食店】ゴールドステッカーの現地調査_オンライン予約の方法_2021.7.21時点の情報 - ヤドカリブログ

■現地確認で実際にチェックされた事項について 

【大阪府・飲食店】ゴールドステッカーの現地調査でチェックされること_2021.7 - ヤドカリブログ

■現地確認に合格した後にしなければならない事について

【大阪府・飲食店】ゴールドステッカーの発行方法_現地確認に合格した後の作業_2021.8.9時点の情報 - ヤドカリブログ

最後に

この記事の内容は、2021年9月28日の情報です。最新情報は大阪府のホームページ等でご確認下さい。

 

 

プライバシーポリシー・お問い合わせ