大阪の飲食店向け情報サイト

主な発信内容は、大阪府と大阪市の飲食店向けお役立ち情報です。情報は大阪府・大阪市の公式ホームページや知事・市長の会見を元に整理しています。その他、スマホユーザーに向けた情報など一般向けにも役立ちそうな情報をシェアしたいと思っています。宜しくお願いします。

【大阪府・飲食店】2021.8.2~8.31緊急事態宣言に伴う飲食店への要請内容_2021.7.30時点の情報→その後9月12日まで延長となりました




緊急事態宣言 大阪府 飲食店 要請

2021年7月30日に実施された菅首相による会見で、大阪府に緊急事態宣言を発出することが発表されました。そして同じ日に、大阪府では「第56回大阪府新型コロナウイルス対策本部会議」が行われ、緊急事態措置に基づく要請についても話し合われました。

この記事では、2021年8月2日~8月31日の大阪府の緊急事態措置について飲食店への要請内容を紹介します。

<2021年8月21日追記:緊急事態措置は2021年9月12日まで延長となりました。なお、飲食店への要請内容はこの記事で紹介している8月31日までの内容と同じです。>

緊急事態措置を実施する期間

2021年8月2日~8月31日

要請対象となる飲食店

■居酒屋を含む飲食店・喫茶店

⇒宅配やテイクアウトサービスなど、店内飲食がないお店は対象外です。

■キャバレー・ナイトクラブ・インターネットカフェマンガ喫茶等で食品衛生法の飲食店営業許可を受けているお店

⇒ネットカフェやマンガ喫茶等、夜間の長期滞在を目的にした利用者が多い施設は時短営業の対象外となります。

⇒ただし、入場整理をしたり、酒類の提供と持ち込み制限、カラオケ設備の使用を自粛することは要請されます。

■カラオケ店

食品衛生法の飲食店営業許可を持っていないお店も含みます。

■結婚式場

⇒出来るだけ短時間(1.5時間以内)で、なるべく少人数(参加人数50人または収容定員50%のどちらか小さい方)で開催すること。(法に基づかない働きかけです)

飲食店に対しての要請内容

酒類とカラオケを制限する場合は、20時までの営業が可能

酒類の提供禁止、利用客による酒類の持ち込みも禁止カラオケ利用の禁止

酒類とカラオケを制限しない場合は休業して下さい

 <営業するお店への要請事項>

■利用者にマスク会食を周知して下さい。正当な理由なく応じない場合は入場を禁止したり、退場して頂いたりしてください。

■アクリル板の設置

■従業員への検査を勧める

■入場者の整理誘導

■発熱など症状がある方の入場を禁止する

■手指消毒設備の設置

■施設の消毒

■施設の換気

■CO2センサーの設置

■業種別ガイドラインを守る

<追記>

協力金については【大阪府・飲食店】第7期協力金について(2021.6.21~8.31)_2021.8.2時点の情報 - ヤドカリブログでまとめていますので、そちらもぜひご覧ください。

最後に

この記事は2021年7月30日時点の内容となります。最新情報は大阪府のホームページや政府のホームページをご確認ください。