大阪の飲食店向け情報サイト

「ヤドカリブログ」から「大阪の飲食店向け情報サイト」にリニューアルしました。主な発信内容は、大阪府と大阪市の飲食店向けお役立ち情報です。情報は大阪府・大阪市の公式ホームページや知事・市長の会見を元に整理しています。その他、スマホユーザーに向けた情報など一般向けにも役立ちそうな情報をシェアしたいと思っています。宜しくお願いします。

【大阪府・飲食店】ゴールドステッカー制度_よくある質問①_2021.6.9時点の情報




大阪府 大阪市 飲食店 ゴールドステッカー 認証制度

大阪府では2021年6月16日から、飲食店向けの新たな制度として「感染防止認証ゴールドステッカー」制度が始まります。既に実施されている自己申告制の「感染防止宣言ステッカー」(青色)とは異なり、感染症対策を十分に実施している事を大阪府に認定してもらう制度です。

この記事では、「感染症防止ゴールドステッカー」制度について、よくある質問を紹介しています。なお、この記事では大阪府のホームページに掲載されている内容を簡単な表現に置き換えて紹介していますので、原文は大阪府のホームページでご確認下さい。

また、制度自体の説明は別の記事で投稿していますので、そちらもご覧ください。↓

yadokari202.hatenablog.com

質問①

感染防止認証ゴールドステッカーの目的は?

新型コロナウイルス感染症が長期化するなか、感染拡大防止と経済活動の両立をめざして、飲食店等における感染防止対策のさらなる促進や、府民が安心して利用できる環境整備につなげることが目的です。

質問②

ゴールドステッカー認証を受けることのメリットは?

店舗の目立つところに掲示することで、感染症対策を実施していることをPRできるとともに、府民の皆様が安心して利用できる施設であることをお知らせすることができると考えています。

質問③
ゴールドステッカーの申請手続きは難しいですか?

認証基準にそった対策をとっていただき、パソコンやスマートフォンで申請してもらいます。その際、申請書のほかに、店舗での感染防止対策の状況がわかる写真が必要となります。携帯電話で撮影した写真をそのまま貼り付けて申請できるようにするなど、簡単な手続きで申請できるようにします。

質問④

これまでの感染防止宣言ステッカー(青色)との違いは何ですか?

違いは以下の通りです。

感染防止宣言ステッカー

 

事業者の自己申告をもとに、審査なしでステッカーを発行する仕組み

 

■2020年7月1日から運用開始

感染防止認証ゴールドステッカー

 

■事業者からの申請に基づき、府が審査を行ったうえで認証し、ゴールドステッカーを交付する仕組み

 

■申請時の写真やチェックリストでの確認とともに、実際に店舗に訪問し、事業者の取組状況を確認します。

 

■2021年6月16日から運用開始

質問⑤

申請に必要なものは?

■申請書

■写真等

・アクリル板等の設置又は座席間隔(最低1メートル以上)がわかるもの

・CO2センサーの設置状況

・消毒液の設置状況

・マスク会食ポスター等の掲示状況

■見回り調査時のチェックシート(見回り調査ができた店舗のみ)

■コロナ対策リーダー宣誓書

■店舗が作成したチェックリスト

などが必要となります。

質問⑥

認証基準を全て満たさないと申請できないのか?

全て満たす必要があります。

質問⑦

インターネットが使えない場合の申請方法は?

郵送による申請も可能にしたいと考えております。別途、お知らせいたします。

質問⑧

各事業者(店舗)が作成するチェックリストとは、どのようなものですか?

清掃や消毒の頻度、消毒液の残量の確認など、具体的な感染防止対策の手順や方法を定めたものです。また、店舗のわかりやすい場所に掲示し、取組を見える化するのものです。ひな型は、HPに掲載いたしますのでご覧ください。

質問⑨

コロナ対策リーダー宣誓書とはどのようなものですか?

■宣誓書には、リーダーの役割を明記しています。

■各店舗において、コロナ対策リーダーを選任していただきます。リーダーは、大阪府のホームページ上に掲載している教材にて研修を受講して下さい

■研修テキストはこちらです↓

https://www.pref.osaka.lg.jp/attach/41145/00000000/kenshuushiryou.pdf

質問⑩

コロナ対策リーダーは複数人でも良いですか

OKです。ただし、申請の際は、代表者1名の名前で申請して下さい。

質問⑪

ゴールドステッカーの申請にあたり、従来の感染防止宣言ステッカー(青色)の登録は必要ですか?

必要です。あらかじめ感染防止宣言ステッカーを登録していることが認証条件となっております。登録されていない場合は、先に感染防止宣言ステッカーの登録をお願いします。

質問⑫

ゴールドステッカーの認証と感染防止宣言ステッカーの登録について、2つのステッカーを同時に貼ることは可能ですか?

ゴールドステッカーのみ掲示していただけれは結構です。

質問⑬

審査にはどれくらいの期間かかりますか

標準的な処理期間を2週間としています。(なお、制度開始時には、たくさんの申請が予想されます。)

質問⑭

物理的にアクリル板など設置できず、座席間隔をとるなどの代替策をとっています。この場合もゴールドステッカーはもらえますか?

座席間隔の確保でもOKです。
テーブルの間は、相互に対人距離が最低1メートル以上確保できるように配置してください。

質問⑮

店舗に来て調査されることはありますか?

店舗での実地調査を行います。また、登録後でも、感染防止対策の取組状況を確認するため、調査を行うことがあります

メモ①

2021年6月9日に実施された大阪府吉村知事の囲み会見では以下のように説明されていました。

 

■2021年4月5日~5月31日に 実施された、見回り隊による現地調査で、「全ての調査項目について対応できている」(約6,000店舗)または「1項目だけ対応できていないが、それ以外は全て対応できている」(約5,000店舗)と判断された店舗については、原則現地調査を行わない予定です。

 

■これらの店舗については、現地調査なしでゴールドステッカーを先行発行することができます。

質問⑯

申請の際の調査は、事前に連絡はありますか?

 現地調査の日程を予約できるシステムを導入します。

質問⑰

見回り調査のチェックシートに『ー』をつけられたが申請できるのでしょうか?

不適合であった個所(パーテイションの不備等)について、改善され、基準を満たした場合には申請が可能となります。

質問⑱

見回り調査のチェックシートを紛失したが、どうすればよいか?

申請時のシステムにおいて、入力する際に支障のならないような仕組みを検討しております。

質問⑲

ゴールドステッカーの登録店舗だということはホームページ上で公開されますか?

感染症対策を積極的に実施していただいている店舗として、府のホームページに掲載します。

質問⑳

ゴールドステッカーは取り消すことがありますか?

 認証基準に該当していないことが判明した場合には、認証の取り消しを行います。

質問㉑

飲食店以外もゴールドステッカーは申請できますか?

ゴールドステッカーについては、飲食店の営業許可を受けている事業者(但し、テイクアウト専用店やフードコート等を除く)に対し、認証するものです。

質問㉒

大阪府が発行するゴールドステッカーの数量には限りがありますか?

数量の限定はありません。ゴールドステッカーは、大阪府内に所在する、飲食店(但し、テイクアウト専用店やフードコート等を除く)を対象としています。

質問㉓

拡大、縮小コピーして掲示したり、複数枚コピーして貼っても大丈夫?

比率を変えなければ、拡大や縮小して掲示することは、OKです。また、複数枚コピーして貼っても大丈夫です。  

質問㉔

白黒で掲示してもいいですか?

どちらでもかまいません。 

質問㉕

ホームページやSNSにステッカーを掲載してもいいですか?

広くPRしていただいて大丈夫です。 

最後に

この記事の情報は2021年6月9日時点の情報です。最新情報は大阪府のホームページをご確認下さい。

今回参照した府のホームページはこちらです↓

www.pref.osaka.lg.jp