大阪の飲食店向け情報サイト

「ヤドカリブログ」から「大阪の飲食店向け情報サイト」にリニューアルしました。主な発信内容は、大阪府と大阪市の飲食店向けお役立ち情報です。情報は大阪府・大阪市の公式ホームページや知事・市長の会見を元に整理しています。その他、スマホユーザーに向けた情報など一般向けにも役立ちそうな情報をシェアしたいと思っています。宜しくお願いします。

【副業】レシートを買い取ってくれるアプリを使ってみた結果_「ONE」の口コミ




副業 お小遣いアプリ

どんなレシートでも、1枚あたり最大10円で購入してくれるアプリ「ONE」をご存じですか?コンビニやスーパーでお買い物した時にもらうレシートや、Amazonなどのネットショップで購入した時の購入明細、UberEatsや出前館などのデリバリーアプリを利用した時の領収書を買い取ってくれるアプリです。(すごいですね💡

この記事では、レシート買取アプリ「ONE」を実際に使ってみて良かった点と残念だった点を紹介します。

 レシート買取アプリ「ONE」とは?

レシートを撮影して送信するだけで、買取してくれるアプリです。どんなレシートでも基本的には買取してもらえますが、タイミングによってはダイレクトメールなどレシート以外でも買取対象になります。買取で貯めたお金は、銀行口座へ入金できる他、コンビニやファミリーレストランの優待券に交換したり、サーティワンアイスクリームのギフト券や体験型ギフト券などに交換することが出来ます。

買取対象

主な買取レシート

■全種類のレシート・領収書

■デリバリーアプリの領収書や購入明

■ショッピングアプリの領収書

過去に買取対象となったもの

実施されるキャンペーンによっては、レシート以外のものでも買取対象となります。

■郵便物のダイレクトメール

■開業・開店・移転・開院案内のダイレクトメール

クラフトビールを購入したレシート

■指定銘柄のビールをコンビニで購入したレシート

■指定された食品を購入したレシート

■電気料金の明細書

■携帯料金の明細書

■シャンプーのボトルを撮影したもの

■普段使っているドライヤーを撮影したもの

など、、

レシートの買取条件

どんなレシートでも基本的には1~10円で買取してもらえますが、指定された商品の場合は買取価格が高くなることがあります。また、1日の買取枚数も上限が決まっています。ここで紹介する買取対象品目は、時期によって買取対象外となる場合もありますので、例としてご覧下さい。

全種類のレシート

■買取価格:1枚あたり1~10円

■2カ月以内にもらったレシート

■1日の買取数は、5枚まで

デリバリーアプリの領収書や購入明細のスクリーンショット

■買取価格:1枚あたり1~10円

■注文2カ月以内の領収書画面

■1日の買取数は、1枚まで

■対象となるのは、UberEats、出前館、Wolt、Chompy、menu

■注文日、注文商品、注文数、価格、注文した店舗名が1画面に収まるように撮影する。

ショッピングアプリの領収書

■買取価格:1枚あたり1~10円

■2カ月以内に注文した領収書画面

■1日の買取は1枚まで

■対象となるのは、Amazon楽天ZOZOTOWN

■注文日、商品名、注文数、価格、店舗名が1画面に収まるように撮影する。

郵便物のDM(ダイレクトメール)

■買取価格:表面と裏面合わせて最大200円

開業・開店・移転・開院案内のダイレクトメール

■買取価格:1~10円

■企業や歯医者、飲食店などのダイレクトメールが対象。ハガキでも封筒でもOK。

■1日1枚まで

指定商品の購入レシート+アンケート回答

■買取価格:その時の指定商品により変動する。

■指定された商品を指定されたコンビニで購入すると、そのレシートが対象となり、さらにアンケートに回答することでお小遣いが付与されます。過去にあった例では、1回で160円の謝礼でした。

指定商品の購入レシート

■買取価格:商品によりますが、過去の事例は500~1000円です。

■初めて注文した場合のみ有効で、1人1回限り有効

レシートを買取というよりは、初めて商品を購入してくれる方へキャッシュバックキャンペーンをしているイメージです。

【買取してもらう際の注意点】

■個人が特定できる情報が写る場合は、黒く塗りつぶすなど工夫して送付して下さい。

■サービス全体で買取数の上限があり、買取上限に達した時点でその日の買取は締め切られます。

換金方法

■銀行振り込み

貯めたお金を銀行に振り込むことができます。ただし、300円の手数料がかかります。

■チケット購入

貯めたお金でチケットを購入するすることが出来ます。購入できるチケットは30種類です(2021年6月現在)。チケット購入に必要な金額は、ローソンのブラックサンダー交換チケット「36円」から、体験型ギフト券の「6万円以上」まで多様にあります。銀行振り込みのように手数料はかかりません。購入できるチケットは2021年6月時点で下記の通りです。

【飲食店系】

Uber Eats、ハーゲンダッツギフト券、幸楽苑ギフト券、大戸屋ギフト券、吉野家ギフト券、タリーズギフト券(カフェ)、コメダギフト券、ミニストップ商品交換チケット、スカイラーク優待券、出前館クーポン、ピザーラギフト券、サーティーワンアイスクリームギフト券、上島珈琲ギフト券、CokeONドリンクチケット(自販機)

【コンビニ系】

NewDaysギフト券、ローソン・ブラックサンダー交換チケット、セイコーマート商品交換チケット

【遊び系】

ムビチケ前売り券ギフト(映画鑑賞)、アソビューギフト券(体験型ギフト)、ソウ・エクスペリエンスギフト券(体験型ギフト)

【ショッピング系】

JCB PREMO(オンラインショッピングギフト券)、伊勢丹新宿店・シューズケア商品、伊勢丹新宿店パンプス・ローファー・フラットシューズ商品、大丸松坂屋オンラインギフト券、ピーチジョンギフトカード(インナー)、日比谷花壇フラワーギフト券

【映像サービス系】

DAZNチケット(スポーツ番組鑑賞)、AEON CINEMA(映画鑑賞)、Huluチケット(動画配信)、レコチョクプリペイド(音楽ダウンロードサービス)

サービスの利用にかかるお金

アプリのサービス利用料は無料です。ただし、貯まった金額を口座から出金する際は、1回あたり300円の手数料がかかります。

実際に2カ月試してみました

約2カ月で500円くらい貯まりました。毎日、デパートやスーパーマーケットのレシートを5枚づつ登録していましたが、基本的には1枚1円で買い取りが行われました。たま~に2円で買い取ってくれることもありますが、1円と2円のレシートの差が良く分かりません。ランダムに値段設定しているようにも感じました。ちなみに、定期券の領収書は10円で買取してもらえました。何回も定期券の領収書を登録したわけではないので、これが高額買取の対象なのか、たまたまなのかは不明です。あと、DMの買取キャンペーン中にDMを撮影した時は、片面の撮影で10~60円もらえました。

良かった点

アプリをインストールしたら、直ぐにスタートできます。面倒な登録作業はありませんでしたので、スタートはスムーズでした。残高が貯まって銀行振り込みやチケット購入するときに改めて色々登録することになると思います。

残念だった点

銀行振り込みにする場合、300円の手数料がかかります。2カ月で500円程のスピードなので、1カ月以上コツコツ貯めた分は手数料としてなくなります。なので、チケット購入に使った方がお得な気がします。

まとめ

お小遣いアプリとしては、貯まるスピードはかなりゆっくりかな。。と感じました。ただ、そもそも捨てるレシートを買い取ってもらえるわけで、買取方法も写真で撮影するだけとかなり簡単なので、気長に続けてみても良いかな。。とも思いました。もう少し貯まるスピードが速いお小遣いアプリについて、別記事で紹介していますので、そちらも参考にして頂ければ幸いです↓

yadokari202.hatenablog.com