大阪の飲食店向け情報サイト

大阪府・大阪市の飲食店向け情報を発信しています。情報は大阪府・大阪市の公式HPや知事・市長の会見を元に整理しています。

20220208002823
20220208002836
20220208002803
20220208002717
20220208002659
20220208002619
20220208002529
20220208002429

【一般】手指消毒液について_アルコール消毒液




手指消毒液の適切な設置方法

お店の入り口やエレベーター前など、最近はどこへ行っても手指消毒液が設置されています。

 よく見かけるのは、アルコールタイプの手指消毒液か、次亜塩素酸ナトリウムを主な成分とする消毒液です。

 この記事では、アルコールタイプの手指消毒液について「どのように設置しておくのが適切か?」を飲食店の方や家庭の主婦の方向けに紹介します。

 設置場所について 

お店の入口や玄関前に設置されていることが多いのですが、直射日光は避けるようにしましょう。消毒剤の成分として使われているエタノールは揮発性があり、蒸発しやすい性質性があります。高温になる場所を避けて保管しましょう。蒸発してエタノール濃度が減ると、殺菌力の低下にもつながりかねません。

 また、手に付けた消毒液の臭いを嗅いだことはありますか?普段使っている消毒液がいつもと違う臭いがしたら要注意です。中身が劣化している可能性があります。製品に記載されている注意事項を守って設置しているか確認しましょう。

 使う量について

ちょびっとだけプッシュして、手に擦り付けたりしていませんか?

しっかりとした効果を得るためには、容器に記載されている用法用量を確認して下さい。例えば、「ポンプはゆっくり押して適量(500円玉程度)をとること」と書かれていたりします。医薬品の場合だと、インターネットで「製品名」+「医薬品添付文書」で検索すると、用法容量が記載された添付文書にたどりつき、そこで確認できます。例えば「本剤約〇mLを1回手掌にとり、….」のような表記です。

 記載が見つけられなかったとしても、アルコール消毒液が皮膚に15秒以上接触していることが大切(米国疾病予防センター(CDC)の手指衛生ガイドラインを参考))とされているので、それを目安に使用して下さい。手をあおいで無理に乾かしたりしないようにして下さいね。

 保管場所について

エタノールが使用されているアルコール消毒液は、燃えやすいので火気に気を付けて下さい。一般向けに販売されているものはエタノール濃度が50~60vol%が多いのですが、医薬品の消毒用エタノールのように約77~81vol%の製品もあります。この場合、重量パーセント濃度に変換してもアルコール濃度が60w/w%以上となりますので、消防法に定める危険物の第四類アルコール類に該当します。

引火しやすいものとして取り扱い、火の近くには設置しないように気を付けて下さい。

 最後に

この機会に、容器に記載された注意事項を良く見直してみて下さいね。

【ポイント10倍!4月9日20:00~4月16日1:59】【ダスキン公式】手指消毒剤 ウエルパスマイルド 500mL (ハンディポンプ別売)|送料無料 保湿成分 アルコール

価格:1,870円
(2021/4/13 16:17時点)
感想(2件)

(在庫あり即納)【全国送料無料】花王ハンドスキッシュEX ちょうど良い3本セット!! スプレー(シュートノズル付き)×1本 つけかえ用×2本 手指消毒剤 感染予防対策 ベンザルコニウム塩化物 速乾性 イベント対応 店舗入り口 日本製 花王 業務用

価格:3,100円
(2021/4/13 16:18時点)
感想(18件)

サラヤアルペット手指消毒用 5L指定医薬部外品

価格:7,400円
(2021/4/13 16:19時点)
感想(27件)

プライバシーポリシー・お問い合わせ